第26回全国市町村交流レガッタ由利本荘大会


2017(平成29)年9月23日(土)と24日(日)の2日間、秋田県由利本荘市の子吉川ボートコースで「第26回全国市町村交流レガッタ由利本荘大会」が開かれ、全国から129クルーと応援団の約1000人が熱戦を繰り広げました(主催:全国ボート場所在市町村協議会)。

男女総合、女子総合のダブル優勝を果たしたチーム由利本荘


全国市町村交流レガッタは全国ボート場所在市町村協議会(田中幹夫会長=富山県南砺市長、八尾高OB)に加盟する市町村での住民レガッタ優勝クルーが一同に集まって日本一を競う全国大会です。 カテゴリーは成年男女、壮年男女、熟年男女、議会議員、議会議員シニアの8部門あります。艇種はナックルフォアでレース距離は500mです。

初日は予選と並行して、子吉川ボートコース内にあるボートプラザ「アクアパル」で加盟市町村の議会議長、役員による「第13回議長懇話会」が催されました。

大会前日。配艇準備が整ったナックルフォア
第13回議長懇話会の会議室模様

夕方には文化交流館「カダーレ」で開会式と歓迎レセプションが催されました。 最初に創立30年功労者表彰「最高顧問の部」の授与式が行われ行われ、青木悟下諏訪町長と佐藤光宏川辺町長に表彰状が授与されました。 次に開会式では、関係者挨拶、優勝杯等返還、来賓祝辞及び紹介、そして地元代表選手による選手宣誓が行われました。

開会式の模様
創立30年功労者表彰「最高顧問の部」を受賞した青木悟下訪町長(奥)と佐藤光宏川辺町長(手前)

田中会長。「青森県むつ市と大阪府高石市の新たな加盟により協議会は全32市町村となった」
長谷部誠由利本荘市長。「スポーツと観光の融合によるスポーツツーリズムを推進する」

優勝杯の返還式
地元選手による選手宣誓

続いての歓迎レセプションでは参加市町村ごとに故郷紹介と名産品のお裾分けなどが行われ、会場の熱気は最高潮となりました。

おおいに盛り上がった歓迎レセプション


鳥海前ノ沢太鼓保存会による和太鼓演奏
高らかに乾杯発声する鎧塚一最高顧問

今回初出場の青森県むつ市のお国自慢紹介
2016(平成28)年第25回大会開催地の戸田市による舞台パフォーマンス

男女総合優勝(最高顧問杯)と女子総合優勝(会長杯)は地元・由利本荘市が獲得しました。

由利本荘市選手へ最高顧問杯を授与する鎧塚最高顧問(手前)と会長杯を授与する田中会長(奥)
女子総合優勝杯(左)と男女総合優勝杯(右)を持つ由利本荘市選手

2018(平成30)年は滋賀県大津市で開催されます。

越直美大津市長「皆様をお待ちしております」
2018(平成30)年会場は滋賀県立琵琶湖漕艇場


▼レース結果と総合成績は由利本荘市のサイトをご覧ください。▼
http://www.city.yurihonjo.lg.jp/www/contents/1505435910233/index.html
http://www.city.yurihonjo.lg.jp/www/contents/1506312169210/index.html


◆各カテゴリー優勝クルー

熟年女子の部 優勝:飛翔会ビューティー(長野県下諏訪町)


壮年女子の部 優勝:二俣・島ボートクラブB(静岡県浜松市)


成年女子の部 優勝:なでしこチャポン(3連覇、茨城県潮来市)


議会議員の部 優勝:大津市議会スポーツ議員団(2連覇、滋賀県大津市)


議会議員シニアの部 優勝:由利本荘市議会鳥海山(秋田県由利本荘市)


熟年男子の部 優勝:よい老とスタートダッシュ(滋賀県大津市)


壮年男子の部 優勝:東弥生町あきちゃんズ(長野県下諏訪町)


成年男子の部 優勝:津幡Rowing(石川県津幡町)


【撮影:ローイング東北ブロックリポーター:鈴木誠(山形県ボート協会)】