災害被災に係る見舞金支給基準


加盟市町村が地震、風水害等により被害を被ったとき、協議会から次の基準により見舞金を支給するものとする。
1 災害救助法が適用されたとき   5万円及び見舞電報
2 災害救助法が適用されなくても、甚大な被害を被ったとき   3万円及び見舞電報
3 1,2以外で支給することが適当と協議会長が判断したとき   2万円及び見舞電報
4 1,2のとき、協議会長は、加盟市町村長に見舞金の支給を呼びかけるものとし、その支給額は、各市町村の判断とする。

香料等支給基準
加盟市町村の首長等が不幸にも死去されたときは、協議会から次の基準により香料等を支給するものとする。

1 市町村長及び顧問本人が在職中に死去したとき 2万円又は供花1基及び弔慰電報
なお、協議会長は、死去した旨を加盟市町村長に報告するものとする。

祝電打電基準
加盟市町村長が選挙等により交替したときは、協議会長名で祝電を打電するものとする。
いずれの基準も施行は、平成16年7月16日からとする。